日本石材産業協会香川支部


 





お墓に使う石は、御影石と呼ばれる花崗岩が代表的で、他に安山岩や凝灰岩が使われています。 元来は各地方特産の石を使ってお墓は造られてきましたが、現在では外国からも石材が輸入されるようになり 石種の選択肢は多岐にわたるようになりました。
一般的には、耐久性では花崗岩が最も高く、次に安山岩、凝灰岩とされています
ただし一言に花崗岩といっても、産地によって石の吸水率硬度など品質はさまざまで、 一般的に石の種類名にはその産地の名称が使われることが一般的です。
しかしながら昨今、特に中国産など海外からのの石材には日本の産地名を使ったものも出まわり、一般の方々にはその品質や 産地を正しく見分けるこ とが難しくなってきています。
そういった市場性を踏まえ、日本石材産業協会では国内で産出された石材には国内産用の「石材産地証明書」を、海外輸入材には輸入石材用の「石材産地国証明書」を発行いたしております。

協会会員の石材店であれば、この「石材産地証明書」の添付された石材を購入することができます。(但し、国内産原石における場合、右写真の協 会認定の産地証明書発行はその採石者自体が当協会に加入していることが条件となります。)





古来から、そして現在でも最もポピュラーなお墓のデザインは縦長の「和型墓石」です。 日本の墓地の多くは、見た目にも安定感があって美しいこの和型墓石です。
しかし昨今では、墓石に自分の好きな文字を彫ったりレリーフを施した、高さの低い「洋型墓石」も よく目にする機会が増えてきました。
また、故人の趣味や個性を前面に出したモニュメント風の「ニューデザイン墓石」も少なからず建墓されつつあるようです。
しかしながら、墓石のデザインは建墓する霊園の宗派によっても考慮する必要があり、建墓の設計の段階からある程度の知識が必要となってきます。
こういった、お墓に関するアドバイスをトータルでサポートできる人材の育成にも日本石材産業協会は積極的に尽力しております。
日本石材産業協会が認定している「お墓ディレクター」は、お墓に関する幅広い教養や知識等の厳しい検定試験に合格した資格取得者です。
このお墓ディレクターのいる石材店であれば、お墓を建てる際の悩み事などをトータルでサポートして頂けることでしょう。




「石材店に行く前に読む本〜お墓選びは石材店選び〜」


消費者のみなさまへ
みなさまは、いったいどんな商品を選んでいいのか分からない時、最もわかりやすい購買判断基準である「価格」の安いものを選ばれることが少なくないのではありませんか?
確かに、日用品であればそれで大きな問題はないでしょう。しかし、お墓は消耗品ではありません。ほとんどの方にとって、お墓を建てるのは一生に一度あるかないかのことです。 むずかしいこと・わからないことばかりで、不安になられるのも当然です。
そこで私たち日本石材産業協会は、あなたがお墓を建てたあと、深い満足感や幸福感に包まれることを願ってこの小冊子を作成しました。

あなたはこの小冊子を読むことで、
・お墓とはどんなものなのか
・お墓を購入するときの注意点
・要注意な石材店を見分けるポイント
・信頼できる石材店の選び方
・「お墓」「墓地」の種類やそれぞれの特徴
など、お墓を建てるときに事前に知っておくと安心な役に立つ情報を十分に得ることができます。 むずかしいことや専門的すぎることは一切書いていません。
普段あまり考えないけれど、家族にとって大事なお墓。
あなただけでなくご家族のみなさんでお読みいただき、お墓について考えるきっかけにしていただければうれしく思います。

会員のみなさまへ
お客さまは、いったいどんな商品を選んでいいのか分からない時、価格の安いものを選ばれることが多いようです。なぜなら、価格は最も分かりやすい購買判断基準だからです。
委員会では、価格に変わる購買判断基準を示すことにより、とかく不透明な業界イメージを払拭し、業界に対する安心感・信頼感を高めていただくと共に、 「いいもの」に価値を感じていただける消費感性を育み、不毛な価格競争の増加に歯止めをかけたい。 そして活力ある石材業界を創造し、もって社会に貢献したい。そんな思いで活動を行ってきました。 そして完成したのがこの小冊子です。
委員会メンバーが足掛け3年活動してきた集大成として、現状ではまずまずの出来と自負しております。 ですが、まだまだ言葉の足りない部分や見落としている視点があるかもしれません。
今後、皆さまのお知恵を拝借しながら、版を重ねるごとにさらに良いものにしていきたいと願っております。





香川県支部の歩みへ
お墓を建てるときのポイント
石のギャラリーへ



■石の産地証明書
石材産地証明書は、日本石材産業協会加盟の石材店にて発行される国内産の石材であることの証明書です。
多様化する商品の中から、消費者の方々に石材をお選びいただく際のひとつの目安となることを目的としています。

※クリックすると拡大表示  



■お墓ディレクター認定書
お墓ディレクターとは「消費者に正しいお墓の知識を伝え、適切なアドバイスができる人」に与えられる資格です。
お墓の種類や形状、宗教や民族的なお墓の捉え方や歴史、石材の種類と加工法、墓地・埋葬等に関する法律、関連業種として葬儀や仏壇に関する知識などお墓に関する幅広い知識を身に付けていることが条件となります。
もっと詳しく見てみる  >>  



Copyright(C)2004 Japan Stone Industrial Association Kagawa All Rights Resrved.